ガンバ大阪スカンビオカップ①


第10回の節目の大会。
今回はいつも以上の皆様に支えて戴いて、大会が開催されました。
そんな大会に参加させていただいたことをまず、深謝申し上げます。有り難う御座いました!


始まる前こそっと(長丁場になるので)セーフティリードをしたら少し流そうか。
こんな会話をとても反省しました。

ソーシャルフットボール(精神障がい者のフットサル競技)のレベルは飛躍的に進歩してると感じざるを得ませんでした。

と、言うのもグランゼーレ東北が戦ったチームはどのチームも自分達の特徴を生かして勝ちに来る厄介なチームばかりでした。

・チームドラゴン(熊本県)


意外な敵は足下に。

そう、昨日一時的に降った雨による濡れたピッチでした。
青森の二人は練習の段階で何回も豪快に滑って転んで、「本気で走れねぇよ」、「今からトレシュー(トレーニングシューズ)買いに行こうかな?」と割りとマジな嘆きを叫んでました。
濡れた人工芝にフロア、体育館用あめ色の靴底は相性最悪でした。

みやぎの(日本の)Nジ選手はあめ色底シューズで普通にプレイしてて、相変わらずでしたが。


前半戦は相手2本のシュートに対して12本のシュートを浴びせるも決め切れず、
普段全日本とかに言う決定力不足って言葉を「嗚呼、簡単に言うもんじゃねぇな」と実感しました。


後半はみやぎの女子選手以外、宮城以外の男達で固めた布陣でスタート!
やけに気合が入ってました。

と言うのも、昨日の前日練習でみやぎの若きエースE選手が練習を取り仕切ってくれてたんですが、チーム分けで「じゃあ、みやぎと、他で。」と発言。

これに青森のスタッフ含めたガヤ三羽烏が吠える吠える。
冗談めかしてたけど、あれは本気(ガチ)です。(他の地方の方には解らないかも知れませんが、東北の構図としてそういう複雑なものがあるのです)

見事に燃えてくれました(笑)


岩手の日本代表候補Dがドリブルで仕掛け、一度は奪われるもすぐプレスして奪い返しそのまま相手コーナー付近までドリブルでえぐってマイナスの折り返しに
青森の「何でも屋」お前の得意競技は一体何だ⁉ソフトバレー、バスケ、フットサルを高い次元でこなす、更にはゴレイロでスローさせれば相手ゴールをライナーで越えさせると自負するMさんがごっつぁんゴールを決めます。


しかし、結局その一点のみ。
マンオブザマッチ(MOM【最優秀選手賞】)は相手ゴレイロでしょう。

何だか雲行きが怪しく感じ、皆、試合後苦笑いというそんな試合後の様子でした。


続いて二回戦

・Half Time(大阪府)


この試合もなかなか決められずに前半も五分を過ぎようかと言う所、みやぎの2大エースが魅せてくれました。

先制点は岩手のエースとみやぎの若きエースが相手を引き付けてNジをフリーにさせてくれました。

そうなれば日本の否、世界一のエースが外す訳もなく、綺麗なゴール。ジーコが言うゴールへのパス。教本に載せたいゴールでした。

二点目は相手のパスを自陣手前でカットしカウンター。Mさんのドリブルの間にEさんが自分のマークを外して裏で貰ってトラップし狭いニアサイドをぶち抜きました!


後半はユニフォームが被ってるってことで赤いビブスを着けてプレイ。

相手ゴール前で混戦そのこぼれ球をAッキーがゴール上にドカン!

3-0になったところで相手の反撃を受けるもゴレさんナイス飛び出しでコースを無くします。しかしコーナーキックを直ぐに始められ寄せが甘かった所を超狭いコースをすり抜けてゴール
ゴレさん不運。何と3人の味方ブラインド(笑)。

その後Dが相手ペナルティーエリア横でファウルを受け、Dのゴール前へのパスに鶴岡のマイペースYが足首の動きだけで当ててゴール。

正直速すぎてどこに当てたのか分かりません。

試合は4-1で勝ちました。

最後に自分の話を書かせて貰うと、

結果この大会はノーゴール。

監督に自分の課題は何ですか?と尋ねてみたら出るわ出るわ(笑)、ゲップ出るほど言われて、メモ取って帰ってからドリブルデザイナーの動画を探したりして、

で、Half Time戦は長く出して貰えたんですが、自分のプレイ観てて、気づいたんです。


試合でフェイント出さねぇ奴だな(これでも一人で練習したんです)、よく相手のフェイントに引っ掛かる奴だな。

ただただ猪見たいに一直線に相手ゴールに突っ込んで行くな。


        そうか



     こいつバカなんだ。



フィンタの動きは【前へ行くぞ行くぞ詐偽】と考える奴です。

ただ、Nの評価は高いんです。
「何で(日本代表)セレクション受けなかったんですか?」って聞いてきたり、こっちが「オレが受けて行けると思う?」って聞くと躊躇いもなく頷くし。

Nが信じてくれたらオジさんは空を飛ぶことだって湖の水を飲み干すことだって出来るんです。


宮城に以前居た天才ソーシャルフットボーラーに(Nより足技は上かも)「フットサルは魅せてこそですよ」。
って言われたことあって、華麗な足捌きのことを言ったと思うんだけど

オレはただ前へ前へ愚直に突き進むのも人の心を打つプレーだと信じてます。



            「最後までお読みくださってありがとうございました」

                                             byいっし~

コメント