スカンビオカップ前日

まず説明、グランゼーレ東北とは
青森、岩手、山形、宮城の東北選抜チームである。
(次回は秋田、福島からも、集め東北オールスターなんて夢を抱きつつ)

みやぎ選手団は皆、時間通りに仙台空港に到着し、今回は帯同出来ないスタッフの見送りを受けまして無事神戸空港へ到着。
なるべく低予算で済むようにスタッフ・選手達で考えて頂きました。
そこから電車移動して、三ノ宮到着。

そこでお昼を取ることに。洋食、特にカレーが有名じゃないかとカレー屋さんを探したのですが、マップには沢山お店が有るのにぐるぐる歩いても見付からず、長い移動で疲弊してる様子も見られてきた時、地下街の案内板を見つけます。


地下1階にはカレー屋さんが5軒も有りました。
二軒目のクセが凄いぃぃカレー屋で神戸牛筋黒カレーを皆で頂きました。
とても美味しかった上、Eん藤さんが弾き語りをリクエスト。曲は松任谷由実のルージュの伝言。

Twitter担当のAッキーが動画を撮ってアップしてくれてます。
渋いマスターの素敵な歌声をもっと見たい方はグリルピラミッドYouTubeで検索©
なんだかふれあい旅みたいな感じで良い思い出でした。帰りに結果の報告に寄っても良いかも知れません。

その後無事に宿泊先の東横イン伊丹空港に到着。

「選手だけで移動出来るのみやぎぐらいだよ」みたいな話をしてたら、
岩手の選手二人はそれぞれ一人でここまで来たそうです。半端ねぇっ。

その後、鶴岡(山形)の選手と頼りになる看護師長S水さんと合流し、前日練習に向かいます。

練習場所前で青森選手二名とスタッフ一名とも合流(青森は別ホテル)。

練習時間前にメンタルトレーニング(連携)を行ったのですが、この内容と効果がとても素晴らしく、是非色んな所で取り入れたいなと感じました。


勝手に【 the same 】(ザ・セイム 同じという意味)と名付けましたが、二人一組で話しながら共通点を探すというものです。共通点というのはとても親近感が湧くものです。
同じ男だとかフットサルやってますは無しにして、時間制限を2分とか3分に決めたりしてその間に質問したりしながら探していくというメントレです。

初めて話したメンバーや、それほど会話をしたことのないメンバーが「ギュッ」とまとまるには早くて楽しくて最高のメントレでした青森のOさんありがとう!



この時Oさんが言っていた目標、
「勝つことも大事だけど、また、このチームで集まりたいと思える様にしたい」と、こんな感じの言葉だったと記憶してますが、成績は次回のブログに書きますが、皆がまた集まりたいと思えるってのはキャプテンとして見てかなり達成出来た気がします!(希望含め)

次回、このチーム、否。
【グランゼーレファミリー】の奮闘を書きたいと思います!

                           byいっしー 「お読み戴きありがとうございました。」

コメント