第1回ソーシャルフットボール全国大会

第1回ソーシャルフットボール全国大会へ出場しました。

【大会概要】
・日 時 : 2015年10月3日(土)9:00~16:00
・会 場 : テバオーシャンアリーナ
・主 催 : NPO法人日本ソーシャルフットボール協会


2013年のスポーツ祭東京オープン競技フットサル以来の全国規模の大会となります。
エスプランドルは東北予選を勝ち抜き、岩手・山形・青森からの選抜選手と共に、東北代表『グランゼーレ東北』を結成しての出場となりました。



宮城組は前日に仙台空港を出発。
名古屋駅の地下街で半分迷子になりつつも味噌煮込みうどんで補給をし、他の東北組と合流。
前日練習を行いました。






東北代表とはいえ、合同での練習は大会前日のこの日が最初で最後です。を含めて2回のみ。
それぞれポジションやフォーメーションを念入りに確認、翌日の大会に備えます。






会場はフットサルの聖地、テバオーシャンアリーナ。
今までプレーしたことのない広い会場で、選手の不安や緊張が伝わってきます。


予選1試合目は7‐0、2試合目を9-0と快勝し予選リーグを突破、勢いをつけ決勝トーナメントへ挑みます。
決勝トーナメント初戦はサブアリーナへ移動しダルク戦。
先制するものの、同点に追いつかれると、流れはダルクへ。
そのまま逆転を許し、敗北。3位決定戦へとまわります。



3位決定戦の相手は地元チーム estrella AICHI。

押される展開からはじまり、前半は0-0。
後半に先制をするとそこから勢いが付き押せ押せムードに。
最終的に4-0で試合を制し、グランゼーレ東北は3位で幕を閉じました。




東京大会出場時、宮城チームは初の遠征であり、ノウハウが何も無かったのですが、北海道のスタッフ・選手から学ばせてもらった物があったからこそ今回の大会を無事終えることが出来たのではないかと思います。

東北では初の合同チームでしたが、選手間のコミュニケーション、チーム運営、コンディション管理等学ぶものが非常に多い大会でした。

東北魂で次こそ優勝!

優 勝  ダルク
準優勝  Espacio
第 3 位 グランゼーレ東北
第 4 位 estrella AICHI

コメント

  1. 大会前日以外にも一度、東北代表が集まり練習した事がありましたよ。
    東北工業大学で、あの時エスプランドルみやぎ対他の東北代表チームでもゲームして負けたのよく覚えてます。

    返信削除

コメントを投稿