スキップしてメイン コンテンツに移動

第7回ガンバ大阪スカンビオカップ

日時:2014年10月4日(土)9:00~16:30
会場:大阪大学 吹田キャンパス グラウンド「すいらん」
主催:株式会社ガンバ大阪
後援:公益社団法人日本プロサッカーリーグ
    一般社団法人大阪府サッカー協会
協力:大阪大学

前日に大阪入りして、こちらの地理に明るいスタッフ&選手の案内で夜、お好み焼きを頂きました。ホテルに戻る途中、チームの大黒柱のK選手の明日出れないかも(体の痛みで)発言にバタバタしつつ、何とか大会当日を迎えます。

大会方式として全25チームと多いので
いきなり3ブロックに分けたトーナメントで負ければ直ぐに優勝の目は無くなります。しかも!一回戦の相手は前回覇者のゴッデス高槻!
それでも!キックオフからわずか7秒、エスプランドルみやぎ(以下みやぎ)のK選手のゴールで先制します。その後も終始押し気味にゲームを進め、5-0で完勝!
どうも姉妹チームのYARIMASSE大阪と選手を入れ替えた?らしい?(笑)

二回戦目の埼玉CAMPIONEはとにかく相手10番(レフティー)が飛び抜けた選手でした。対抗策としてこちらのN選手をマンマークにつけます。しかし、コーナーキックからのこぼれ球をその10番に押し込まれ先制を許す苦しい展開。相手女子選手のレベルも高く、(調べて後から分かったのですが、Espacioから後に日本代表になる女子選手も所属して居ました。)前線からとてもいい守備をしていました。
それでも、ドトーの攻撃で追い付き、そこから一進一退の白熱した試合。しかし、お互い決めきれず、PK戦へ。お互い二本ずつ決めた三本目(フットサルは3人まで。引き分けの場合、サドンデスで差がつくまでやります。)PK戦専用キーパーの私が、動かなかったら正面に来た的な感じでしたが、とにかく止めます。
そしてみやぎの三本目。決めれば勝ちの大事な局面。ポストの内側にパキーーン‼と当たって劇的に決め、喜びを爆発させます!

次に勝てば決勝リーグへ進めます。相手は強力キーパー率いるBOSCO NEXT。前の試合、BOSCO NEXTもPK戦を制していて、その時に長い手足で軽々止めていたのを目の当たりにして、「PK戦にはしたくないな」と、こぼしていた監督の言葉をよく覚えています。
試合は隣のコートの試合の笛に反応して動きを止めてしまった瞬間にゴールされてしまいます。焦りも手伝って、なかなか追いつけなかったのですが、鉄壁キーパーの股下を通すシュートで同点にします。それでも相手がしっかり守ってきたら嫌な展開だったのですが、股間を通されたシュートが火を着けたのか、元々イケイケのチームだったのか、キーパーが、あがるあがる。その隙を突いたシュートなどで5-1で勝ちました。

決勝リーグ第一試合。相手はソーシャルフットボール界の横綱、Espacio!
相手が様子を見てきたのか、エンジンがかかる前なのか、みやぎが先制し、更にもう1点加えた所で、主力をベンチへ下げ、それでもこちらのペースは変わらなかったのですが、こちらのキックインの時、4秒ルール(リスタートの時、蹴れる(投げれる)状態から4秒以内に始めないといけない)を取られ、相手ボールに変わった瞬間、ロングパスから攻め残っていた選手のシュートがゴールポストを押し曲げてネットに突き刺さりました。目を疑いましたが、このゴールは軽く柔らかい素材で出来ていました。後の日本代表選手を四人も擁したEspacioの勢いは物凄く、さらに同点を許し、決勝第一試合は2-2の引き分けとなります。
第二試合はYARIMASSE大阪VS Espacio。
試合は、豪快フリーキックを突き刺すなど、0-3でEspacioが勝ちます。これによって3点以上取らないと優勝は有りません。

泣いても笑っても、大会最後の試合。多くのチームが見つめる中、
エスプランドルみやぎVS YARIMASSE大阪キックオフ!主導権をみやぎが握ってはいたのですが、気迫のディフェンスを見せる大阪、ロングスローからビッグチャンスもつくり出します。決めきれないまま時間が過ぎ、3点は絶望的になっても、それでもみやぎはゴールを目指し続けます。最後の最後まで攻めにいったみやぎ、タイムアップの笛と同時に全国準優勝という冠を戴冠します。
エスプランドルみやぎ0-0YARIMASSE大阪。無敗で終わった大会、全国どこにも負けてないんだという自信。
それでも優勝出来なかった悔しさは次に晴らそうと心に決めたエスプランドルみやぎでした。

またしても、長文になってしまいました。でも、気持ちを込めて書いたので是非、読んでほしいです。
byいっしー

コメント

このブログの人気の投稿

エスプランドルみやぎ紹介

エスプランドルみやぎとは 宮城県精神障害者フットボール協会(コネクト)が運営する、宮城県選抜チームです。
主にフットサルを中心に、宮城県内の精神障害者スポーツの普及と発展、選手の社会復帰を目的に活動しています。




活動内容は?練習会の開催
仙台市内の精神科クリニックや福祉事業所と合同で練習会を開催しています。毎月1~2回、活動時間は13:00~15:00の2時間程度となっています。各大会への参加
スポーツ祭東京オープン競技フットサルに北海道・東北(青森・宮城)合同チームNorthern Unitedとして参加し、優勝。
その後は毎年各地で行われる大会に参加しています。リーグ戦開催(予定)
今後県内各施設と合同でリーグ戦を開催する予定です。 参加するには? まずは練習会へお越しください、サッカーやフットサルの経験は問いません!ボランティアや指導をしてくださる方も募集しております。
(※大会等への参加は各主催団体の定めにより、通院証明や精神保健福祉手帳が必要となることがあります)

練習会の見学や不明点についてはこちらまで、氏名・連絡先を記入の上お問い合わせ下さい。(返信はGmailからになります、受信許可の設定をお願いいたします)

※練習会及び大会参加時にエスプランドルみやぎとしてスポーツ障害保険等には加入しておりません。怪我等は自己責任が原則となりますので、心配な方につきましては、各自スポーツ保険等にご加入の上ご参加ください。

大会参加歴 [2013] 第13回全国障害者スポーツ大会 優勝(北海道・東北合同チーム)
[2014] ガンバ大阪スカンビオカップ 準優勝
     JSFA主催 東北・北海道大会 優勝
[2015] 第1回ソーシャルフットボール全国大会 3位(東北合同)
[2016] 第1回ソーシャルフットボール東北大会 FC DATEとして出場
Safilvaカップ出場 [2017] 第2回ソーシャルフットボール東北大会 優勝

令和元年スポーツフェスティバル

メンタルヘルスネットワークin仙台
第28回スポーツフェスティバルが今年もカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)で催されました。
フットサル競技は、今年は5チーム。
どのチームもレベルが高く、白熱したプレイが繰り広げられました。

午前の部で順位を付けて、午後のトーナメントの組み合わせを決めました。

若い選手の多いFCバンデ。
初戦はwahawaのおじさん達が頑張って0-0で引き分けます(平均年齢が15歳くらい差がありそうでした笑)
が、その後わたげ対決で1-0で競り勝ちBブロック1位に。

豊富な戦力を備えたワッセJ5もAブロック1位でトーナメントのシード権を獲得しました。

午後の決勝トーナメント第一戦

FC武者 vs wahawaは、2点を先取したFC武者ですが、wahawaも取り返す乱打戦になりましたが、5-3で突き放しFC武者の勝利。

破れたwahawaはフレンドリーマッチで消化不良を解消するように奮闘していました。

FC武者も準決勝で前回王者のFCバンデ(わたげ)に破れ、3位決定戦へ回ります。

Dear Boys(わたげ)はワッセに破れたもののGKの方の安定した守りと確実なスローでゲームの起点になっていました。
ドリブルが上手な選手や女子選手も活躍されていました。
そのDear Boysは、3位決定戦でFC武者を破り、見事3位に。

決勝戦ワッセJ5 vs FCバンデ

FCバンデは組織的な動きをし、10番の選手のドリブルやリーダーシップが印象的でした。

しかし今大会はワッセの選手たちが個性を発揮します。

どこにでも顔を出しゲームをコントロールするNジ選手。

対照的に山の如く動かざるH兄選手がマイボールになるとサイドで起点になってからフィニッシュやラストパスに繋げます。

H弟選手も豊富な運動量で危険の目を潰し、チャンスにはゴール前に駆け上がります。

女子選手としては全国でも屈指の決定力のM選手が5得点(フレンドリーマッチ除く)の活躍で、また審判の方に誉められていてそうです。

結果、優勝はワッセJ5でした!

参加した皆さんお疲れ様でした。

運営の皆さん、審判の方々、ボランティアの皆さん有難うございました。

今回もお読み頂き、ありがとうございました。

              byいっしー


第三回ソーシャルフットボール東北大会in青森②

お昼休憩をはさんで、準決勝。
決勝トーナメントからは7分ハーフになります。

準決勝エスプランドルみやぎvsカンパネラ岩手

みやぎが押し込む展開から得たキックインでチョンドン(⚠韓流スターではありません)でKさんのシュートが相手ペナルティエリア内で相手のフィールドプレイヤーの手に当たりPKを獲得。
Kさんが蹴るかと思いきやNジに譲ったらしく、Nジがボールをセットします。
流石、百戦錬磨の男。ズバッと決めてしまいます。
その後もNジが追加点。
2-0で勝利。
決勝戦を待ちます。

準決勝グラウベン青森vsBraveみなと

この試合でグラウベンが、ばくはつ!
MIP(最も印象に残った選手)を獲得するグラウベン11番のS選手の二得点、女性選手のゴールなどで、3-0でグラウベンが勝利。大盛り上がりでお祭りチームさながらの勢いで決勝で当たることになりました。

三位決定戦カンパネラ岩手vsBraveみなと

Braveみなとが2-0で勝利。
Braveみなとの女性選手が1ゴール1アシストで、MIPも獲得されていました。
北海道の井上先生が賞品を提供して下さりました。
大変な中、本当にありがとうございました。
北海道は地域選抜大会不参加だそうで、
気持ちは北海道・東北選抜として闘って来たいと心に秘めました。

決勝戦エスプランドルみやぎvsグラウベン青森

青森は事前の情報通り本当に強かったです。
特に対人守備は全国レベルに感じました。
最後まで決めきれず0-0でPK戦にもつれ込みました。
監督はPKのゴレイロにEさんを指名。
筆者より体格が大きい分、相手がプレッシャーに感じるだろうと。
こちらはキッカーはNジ、Kさん、筆者の順番。
相手一人目Mさんがズバッと決めます。次に後攻のみやぎNジも確実に決めます。

相手二人目決めます。凄いコースに。右上に。
あれは取れなくてしゃむない(しょうが無い)。
こちら二人目Kさん確実に決めます。

相手三人目KBさん(1番イカした髪型でした)が大きく外します。
そして決めれば優勝の場面で筆者が行きます。
前に、上の方にインステップで蹴るしか無いみたいに書いたけど、それやってたら後々全然思ったようにいかなくなって止めました。
インサイドで確実に。
下手にためないでスッと助走に入って

    ザッ!っとネットを揺らし、
みやぎの歓喜の輪に飛び込みました。

優…