みちのくソーシャルフットボール in石巻


みちのくソーシャルフットボールin石巻にエスプランドルの有志6名とスタッフ1名で参加しました。

開催日時:平成29年2月11日(土)13:00~16:30
会場:石巻総合運動公園フットサルコート(ホンダファミリアフットサルコート石巻)
主催:宮城県精神障害者フットボール協会
共催:宮城県障害者スポーツ協会
協力:ベガルタ仙台/石巻市総合運動公園
講演:「蹴ることから始まること」井上誠士郎先生(札幌石金病院・精神科医/日本ソーシャルフットボール協会専務理事)

始めに、井上先生の自己紹介や、ソーシャルフットボールについてからお話いただきました。
イタリアへ遠征したことがソーシャルフットボールの考え方に深く関わっていたという意外な話でした。
昨年行われた国際大会と名古屋での全国大会の動画や、北海道のチーム、スタッフの「石巻のみんな!一緒にフットサルしようぜ!」と呼び掛けてくれた動画を最後に見て、北海道と東北、宮城の絆の強さを感じました。愛媛大会の決勝で握手する両チームを夢見てまた、練習に励みたいと思えました。
質疑応答も活発に行われ、医療のやり方や海外との違いに関心を持ったメンバーや、自分は一部二部制まで導入している北海道のリーグに関心がいき、資金などどう工面しているのか聞いてみました。答えとしては、利用しているコートなどの施設の方と仲良くなって、割安にしてもらったりされているそうです。やはり協力してくれる人の輪を広げていこうと、そういう風に考えられるようになりました。

その後、交流試合に移り、本田圭佑選手のつくってくれたコートで6分のゲームを8本行いました。非常にレベルの高い良い内容のゲームでした。
いきなり井上先生のポストプレーからそのまま自分で切り込んでゴールされてしまいました。マークしてたのは自分だったんですが、先生の体が岩みたいに重く感じました。体の使い方が上手なんでしょうね。岩手からも選手とスタッフ2名が朝6時から遥々来ていただきました。ゲームでも指示や、呼び込みの声出しは見習いたい事が多かったです。
以前に北海道のリベルタージというチームでプレイされていて現在、石巻で介護のお仕事をされている女性も参加していて、ゲームでも2得点をあげるなどしてMVPに輝き、賞品のベガルタ印の美味しそうな缶詰に大変喜ばれていました。渡すとき「石巻にソーシャルフットボールの輪を広げて貰わなきゃね」なんて半分本気の冗談で盛り上がっていました。
記念撮影と一本締めで和やかに会は終了しました。
井上先生本当にありがとうございました!石巻の皆さん、宮城県障害者スポーツ協会の皆様、ベガルタ仙台様ありがとうございました。

今回の担当もいっしーでした。ありがとうございました。

コメント